一般葬のお葬式をするなら事前準備が大切

スムーズにお葬式を行うためには、自分が亡くなったとき、家族が亡くなったとき、一般葬にするのか、家族葬や1日葬にするのかなど、どのようなお葬式にするのかを家族で話し合っておくことが何よりも大切です。お葬式やお墓、相続など、死やお金に関連する話題は避けてしまいがちですが、残された家族のことを想うのであれば避けては通れません。むしろ生前にしっかりと決めておけば遺族間のトラブルを避けることができます。

お葬式の費用がどのくらいかかるのか、予備知識がなければ見当もつかないと言う方もいます。そのため、お葬式代はどのくらいかかるのか、手持ちのお金で足りるのかなど、費用に関する不安が一番大きいのではないでしょうか。その不安を解消するためにもある程度の知識は必要です。

特に一般葬の場合、家族葬や1日葬と比べて参列者が多いので、その分会場代や飲食代が高くなり、支払金額が当初の見積もりよりも高額になる傾向があります。事前にある程度の心構えができていれば、いざそのときが来ても慌てなくてすみます。例えば、ご自身にもしものことがあったときには銀行口座は凍結されてしまいます。残された家族は凍結されていない口座からお葬式の費用を捻出しなければなりません。

よく、葬式代くらいは残しておきたい、と言われる方がいますが、実際どのくらいの金額をどのタイミングで支払わなければならないのかを知っている方はあまりいません。予備知識として相場を知っておくことは重要なことです。葬式代くらいはすぐに動かせるようにしておけば費用に関する不安を解消することにもなります。