一般葬でお葬式をするメリット

一般葬と呼ばれるお葬式のスタイルにはメリットもたくさんあります。例えば、家族葬や通夜を行わない1日葬が近年増えていますが、一般的に仏式ではお通夜から骨上げまでの儀式を二日かけて行われるので、宗派や寺院によっては通夜を行わなければ受け入れてくれないと言うケースもあります。また、若い世代や都心部を中心に定着しつつある家族葬や1日葬といったスタイルも、年配の方や住んでいる地域によっては受容れがたいと言われることもあります。

故人を偲ぶ場であるはずのお葬式ですので、極力トラブルなどは避けたいものです。多くの人たちに定着している一般葬ではそうした葬儀スタイルを巡るトラブルや心配事もありませんし、各宗派に応じたきめ細やかなお葬式を行うことができます。

また、葬儀・告別式に参列できない人も通夜に来ることができるので、故人に関係のある多くの方が最期のお別れをすることができます。当然やるべき事も多くなるので喪主の方を始め遺族の方々は忙しく動き回るイメージがあるかもしれませんが、実際はほとんどの進行を葬儀社のスタッフが進めていくのでお任せしていて大丈夫です。むしろ、一般葬の場合の手順などは決まったパターンで行われるので、オリジナル色の強い家族葬や1日葬よりもシンプルです。

もちろん、葬儀・告別式の際に必要になる祭壇や献花、香典返し、会葬御礼品なども葬儀会社で手配できるだけでなく、通夜振る舞いや精進落としなどの食事の手配も受け付毛手くれるので喪主の方の精神的、肉体的な負担を軽減することができます。