一般葬でお葬式をするデメリット

一般葬で行うお葬式にも費用面でデメリットになる可能性はあります。例えば家族葬や1日葬の場合は、自宅や小さな会場で葬儀・告別式を行うことができますが、一般葬の場合は少なくても50名以上、在職中に逝去された場合や社会的立場のある方、交友関係の広い方などになると300名以上になる場合もあります。その場合には大きな会場でお葬式を行わなければならないので、費用がかかります。また、想定してる以上の弔問客が訪れる場合もあるので、食事の用意や会葬御礼品などは多めに準備しておかなければなりません。

また、費用面以外でも喪主の方の精神的負担は大きくなる傾向にあります。大切な家族を亡くしたばかりでも、弔問客の方々へ御礼の挨拶をしなければならないなど、多くの人に会わなければなりません。お葬式の規模が大きくなればなるほど、そうした費用面や精神面での負担は大きくなってしまう可能性が高いので、一般葬を選択した場合にはできる限り葬儀会社のスタッフの方々にお任せして負担を軽減することが大切です。葬儀会社のスタッフの方々はお葬式のプロフェッショナルですので、どんな状況でも臨機応変に丁寧に対応してくれます。安心してお任せするとよいでしょう。

一般葬にするのか家族葬や1日葬にするのかは、こうしたメリット・デメリットをしっかりと把握した上で、家族でよく話し合う必要があります。一般葬のお葬式は大変そうだから家族葬でいい、と思われる方もいますが、状況によっては一般葬で行った方が良い場合もありますので、そのあたりも事前に話し合っておくことが大切です。